ホーム > 生活 > TEDでマット・カッツの「30日間チャレンジ」を見て

TEDでマット・カッツの「30日間チャレンジ」を見て

今年に入って続けているものに「30 days challenge」というのがあります。日本語にすればそのままズバリ「30日間チャレンジ」です。

ワタクシがやっているお仕事関係だと多くの人が知っている、有名人にGoogleのマット・カッツ(Matt Cutts)さんという人がいるのですが、この方がTEDでやった講演に Try something new for 30 days というのがありまして、これに触発されてです。

ワタクシは英語は中学レベルの中くらいしかないのですが、それでもこのTEDで紹介されている講演には比較的理解しやすいものもあり、どれも大変に刺激的、ユニークで面白いです。(といってもワタクシはまだふたつみっつしか見てないのですが)

また、英語以外の言語にも訳された字幕付きで見られるアプリもありますし(iPhoneやiPad向け、Android向けもありそうですが知りません)、おまけにダウンロードしてネットにつながなくても何度も見ることも出来ます。

話はもどって「30日間チャレンジ」です。

マットさんはあるとき日々の生活にマンネリ、行き詰まりを感じていて、それを打破するために「何か新しいことを30日間だけ」やってみるこの「30日間チャレンジ」を試してみたそうです。

自分の生活、人生に加えてみたいと思っていた、願っていたことをひとつとりあげて、それを30日間続けてみる。それだけのことですが、これがマットさんには非常に功を奏したようで、その経験をとても楽しそうにユーモアを交えて披露してくれてます。

この30日間という期間が、こういった新しいことを生活に追加することや、逆に取り除きたい習慣があるときにちょうどよい長さだということです。また、このチャレンジをすることで自分に自信がつくとも。

マットさんがやってみたチャレンジのひとつに小説を書くことがあるのですが、このときの表現がとてもキュートでワタクシは彼を大好きになってしまいました。(この講演自体で彼のファンになったのですが、随所にみどころが満載です。あ、満載ってもう死語かな?)

三分ほどの動画なので是非見てみることをオススメします。(以下のリンク先は日本語字幕付きです)

マット・カッツの30日間チャレンジ

彼は言います。

何を待ってるんですか?
好むと好まざるとに関わらず月日(30日間)は過ぎていくんですよ。
だったらやりたいと思ってたことを次の30日間でやってみましょうよ。
試しにやってみましょうよ、と。

Give it a shot.


ホーム > 生活 > TEDでマット・カッツの「30日間チャレンジ」を見て

検索

ページの上部に戻る