ホーム > 読書 > 『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集 1997-2009』を読みました。

『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集 1997-2009』を読みました。

珍しい村上春樹さんのインタビュー集「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集 1997-2009」を読みました。

この時期だとアンダーグラウンドの後〜1Q84の発売ちょっと前くらいかな。アメリカや中国、台湾、フランス、ロシア等々、主に海外の雑誌にのった海外のインタビュアーに答えているせいか、日本語ネイティブな相手に話すものよりもよくも悪くも(あんまり悪いことはないとは思うんだけど)よそゆきというか、そんな感じの緊張感が自分には感じられて、最初に読んだときはあんまりいい読後感、印象ではなかったんだけれども(内容が面白くないとか、つまらないとか、ダメとか、そういうことではまったくなくて)ふと再読したらとてもよかったです。

最初に読んだときもとっても興味深い、気になる諸々があってナイスな読書体験(インタビューなんで読書体験ってのもあれですが)だったのだけれども、再読したらより深く、グッと迫るものが多々感じられました。それまでの理解もより深まる感じがして、ユーモアを交えたところはよりユーモラスに、シリアスなところはより真剣に聞き入ってしまう(実際は読み入ってるわけですが)というふうに。

締めというか、最後のインタビューが古川日出男さん(「アビシニアン」とか「13」とか「アラビアの夜の種族」とか「沈黙」とかの人ですね)だったのもとてもよかった。古川さんは自分が作家になる前から村上さんのファンというか、作家としてとても信頼、尊敬されていて、作家になってからもずっと村上さんに対するそういう思いとか姿勢を隠さずにやってきた人。(最近はともかく、以前は日本の文壇とかでそういう発言はかなり珍しいというか、けっこうタブーだったそうで)

作家の読書道:第46回 古川日出男

自身の作家としての生活や姿勢、考え方なんかも出しつつ、一般のインタビュアー(一般ていうのも変だけど)だけでは引っ張り出せない、聞き出せない諸々に答えてもらうことに成功しています。

この締めのインタビューが「締め」足りえるのは、それまでの他のインタビューの内容とか全体のバランスがとてもいい具合になっているせいでもあります。最初に感じたあまりよくない印象というのは自分としては(あくまでも自分としては)再読を経た今振り返ってみれば当然で、またそうであったからこそ(その印象の原因こそが大事なところだった)今(再読後)はより「よいものを読んだ」という受け取り方ができているんでしょう。と、一人勝手に自己分析、納得しまくってますが。

カーヴァーやカポーティ、ピンチョン、サリンジャー、フィッツジェラルド等々、村上さんが好きな作家たちへの視線、分析のようなのも大変興味深く、面白く読むことができました。(個人的にはこのへんがけっこうツボでした。そんだけじゃないんだけど、もちろん)

このあと、村上さんが小澤征爾さんとした対談集もかなーり面白かったので近々それにも触れる予定です。


ホーム > 読書 > 『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集 1997-2009』を読みました。

検索

ページの上部に戻る