ホーム > 思ったこと | 生活 > ソーシャルなんとかっていろいろあるけれど

ソーシャルなんとかっていろいろあるけれど

グチとか不平不満とかじゃないんだけど、あらためて最近「ソーシャル」(ここ数年でよく言われるようになったネットとかでのいわゆるソーシャルサービス関係のこと)っていうのは、実際の現実の生活でそういうのがちゃんと(社会的に)やれてる人間でないと、あっちの世界(ネット)でもやれないんだなぁと実感、痛感。

ま、ほんとにほんとにちゃんと社会でやれてる人、いわゆる「リア充」っていうような人は自分が知る限りではむしろそういうサービスはそれほどはやらないみたいだけど。(どっちも充実というバランス感覚のよい、上手な活用をしている人も少なくない)

自分はあれですね。できないほうです。実際の生活で社会に対してちゃんとコミットもできていないんで、それでもってネットのソーシャルでもってうまいことやっていこうとしたって元がダメなんだからダメですね。72dpiのWeb向けのサイズで書き出された画像データを印刷用に使おうとしてもジャギーがでちゃってダメなように。例えが微妙だけど。

くどいようだけど、グチとかではなくて、あぁ、そういうもんなんだなぁとあらためて感じ入って、その感覚で再度そのへんを見てみると(自分のことだけでなくて)けっこう新鮮だったりもして。

でも、自分がそのうまいことやれない(社会に対して)ってのは、もうこれはこれで紛れもない個性なんだから変えよう、治そうとかはまったく思わないです。最低限、迷惑はかからないようには折り合いつけて日々もんどりうちながらも奮闘してるので、これはこれで充分果たしているかと。

わかっていながらもやるのは、やっぱり仕事柄そのへんは常にあるていどアンテナ張って、実際に自分でも利用者として使ってみて体感してみないと人に説明もできないし、仕事場、お客さんとかにも提案できないしってところです。そこは切り替えて「自分はこのサービスを楽しんでる人」っていうペルソナを作ってやれるんで。

このへんはよく言われるAB型のおかげってのもあるんでしょうか。小さい頃から血液型でろくなこと言われたことないんでイヤですけど。信用もしてないけど。(性格、性質に四つのタイプしかないのかと)でも最近は「そういう素養がベースにあって」ってな意味ではまぁ、そんなに気にならなくなったかなぁ。

そんな感じの43の初春。みつを。←うそです。みつをじゃありません。


ホーム > 思ったこと | 生活 > ソーシャルなんとかっていろいろあるけれど

検索

ページの上部に戻る