ホーム > 音楽 > Jazzのコンピレーションアルバム「JAZZ ROYALE maximo」がなかなかナイスワン

Jazzのコンピレーションアルバム「JAZZ ROYALE maximo」がなかなかナイスワン

CDが売れない危機的状況だと言われてますが、たしかに自分に照らしてみるとそうなだと思います。でも、かといって「音楽」を購入していないわけではないですよね。自分はむしろ最近よく買ってます。ものによっては渉猟できる幅、数が少ないですがiTunesストアでグイグイと。

そんな中、ひさびさに立ち寄ったヴィレッジ・ヴァンガード(自由が丘店)でなんとなく衝動買い(本とかもそうですが、これ大事)したJazzのコンピレーションアルバムがとてもよかった。

JAZZ ROYALE maximo

収録曲は以下の15曲。

01. QUIET FIRE / J.A.M
02. TANK! / SEATBELTS
03. TRANS EUROPA EXPRESS / CHRISTIAN PROMMER’S DRUMLESSON
04. DEVIL MAY CARE / BOB DOROUGH
05. WORK TO DO(SOUL SOURCE PRODUCTION MIX) / AVERAGE WHITE BAND
06. WACK WACK / YOUNG-HOLT UNLIMITED
07. WESTCHESTER LADY / BOB JAMES
08. L.A.NIGHT(FIVE CORNERS QUINTET REMIX) / YASUKO AGAWA
09. OLD DEVIL MOON / BOB DOROUGH
10. ALL THE TIME / DEE FELICE TRIO
11. PICASSO / RE-TRICK
12. HAPPY MINOR / RED MITCHELL
13. CORCOVADO / YOUNG-HOLD UNLIMITED
14. NAUTILUS / BOB JAMES
15. YOUR VOICE / TAKESHI NAKATSUKA SINGS WITH ASAKO TOKI

阿川泰子さんの歌をこんなところでまた聞くとは!(いや、この中にあるのは全然いいのですが、個人的な音楽体験、経歴からするとちょっと感慨深いものが)

ふだんはもっぱら「ロック」をざっくりと聴いてる自分ですが、数年ごとにJazzばかりが聴きたくなることがあって、今がまさにそのタイミングなのでいい縁です。そんな聴き方なんで全然詳しくないんですけど。

このアルバムで知って、気に入って、早速独自アルバム(そのアーティストの)を購入したのもあります。

名前しか知らなかったけど「COWBOY BEBOP」というアニメ作品に使われていたSEATBELTSの「TANK!」っていう曲とか、のっけからかなりテンションあがります、盛り上がりますね!iTunesストアにあったので昨晩は試聴しまくってました。(まだ購入には至ってないですが)

あと、一曲目のJ.A.Mというトリオもいいですね。これとPICASSOという収録曲でビビビっとしびれた「RE-TRICK」というトリオのアルバムはiTunesストアで早速ダウンロード購入しました。なかなかよいです。後者はこれからが楽しみかな。まだ青い感じ。(V.Aで聴くのと印象が変わってくるのは仕方ないことですが、これはこれで楽しんで愛聴してます)

この二つのトリオは日本人ですが、その他(もちろん日本人以外も)もかっちょいい楽曲がたくさんあって、今回の衝動買い、ジャケ買いは自分で自分にナイスワンです。

最近これまたアニメですが「坂道のアポロン」っていうのが人気らしくて(Jazzがテーマに深く関わってるようです)、この影響もあってか、まだ未体験、初心者リスナーなんかに対してもいろいろと楽しい紹介記事や親切な解説があって、そういうのも楽しいですね。

この余波、勢いにあてられて、自分もしばらくはJazzモードの音楽ライフを送りそうです。


ホーム > 音楽 > Jazzのコンピレーションアルバム「JAZZ ROYALE maximo」がなかなかナイスワン

検索

ページの上部に戻る