ホーム > 未分類 > ぬか床で活躍する乳酸菌について

ぬか床で活躍する乳酸菌について

ぬか床に漬けた野菜を美味しいぬか漬けにしてくれる乳酸菌について、あたらめてちょいとちゃんとしっかりとメモ。
(酵母菌とか、他の菌ももちろん活躍しているけれど)

乳酸菌には植物性と動物性がある。

ぬか漬けを美味しくしてくれる乳酸菌は植物性の乳酸菌。
(乳製品に含まれているのが動物性乳酸菌)

乳酸菌は、糖を発酵させて、乳酸などの有機酸(動植物が作る酸)を生成する菌のこと。

植物性乳酸菌は、動物性のものに比べて栄養バランスが悪くて刺激の強い、過酷な環境でも生き抜くことが出来る。

伝統的な日本食である漬け物、味噌などの発酵食品はどれも植物性乳酸菌の宝庫。

健康における効果としてよく言われるのが、便秘とか下痢の解消に役立つっていう部分。でも、これもちゃんと乳酸菌が生きた状態で腸まで届かないと意味がない。(効果はない)

動物性乳酸菌よりも過酷な状況で生きていける植物性乳酸菌は胃酸の中でも生き抜いて、しっかり生きた状態で腸の奥まで届くことが出来る。(動物性乳酸菌にも生きて腸まで届くものはあるけれど)

そして、腸内に届いた乳酸菌によって、これまた腸内に住み着くビフィズス菌が増殖し、他の大腸菌などの悪玉菌をやっつけてくれると。ビフィズス菌のような善玉菌が増えて優勢になってくると、腸内環境が改善されて機能やなんかも向上すると。(腸の機能が向上することで結果的に便秘や下痢などを防止できる)

ちなみに、こうやって腸内細菌のバランスを改善して体の免疫力を高めたりなんかすることを「プロバイオティクス効果」って言うらしい。

あと、ぬか漬けで活躍してくれている植物性乳酸菌の名前は「ラクトバチルス・プランタラム」っていうらしい。他にも、代表的な植物性乳酸菌には、ラクトバチルス・プレビス(これも漬け物、キムチやなんかで活躍)、テトラジェノコツカス・ハロフイルス(味噌で活躍)なんかがあるらしい。


ホーム > 未分類 > ぬか床で活躍する乳酸菌について

検索

ページの上部に戻る