ホーム > 生活 | 買い物 > 自炊準備、裁断機のほうがkindleよりずっと高かった

自炊準備、裁断機のほうがkindleよりずっと高かった

まだ数冊程度しか電子化していない自炊初心者ですが、1年以上迷ったあげくの導入だけあって、けっこう満足しております。

が、しかーし!

実は主役であるamazon kindleの三倍くらい、他の準備で費用がかかっているのです。ま、スキャナとかはあんだけ高機能なぶん仕様がないな、当然かなとは納得なのですが、例えば素人からすると「たかだか裁断するだけじゃないか」というこの裁断機がテクノロジー最先端(完全な主観、ワタクシの感覚ですが、そういう雰囲気の)のkindleよりもグッとエクスペンシブであるということがですね、納得がいかないということはないけれど、なんかもぅ、ビックリ、アメイジング、サプライジング、ビヨーンド、デスクリプションでありました。

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106

しかもでかい、でかいのです。一応比較としてiPhoneをのっけて激写してみましたが、たぶんあんまり伝わらないと思います。

そしてさらに、重い、重い、重いのですよ!

なんと12キロありますので。

ま、たいした力も入れずにシャコンと気持ちよく、分厚い書籍たちを裁断しまくることを思えば当然なんでしょうけど。(きっと刃物がそのぶんしっかりしていてズッシリ重いと見た)

でもほんと、その価格と過剰なまでの存在感だけあって、実際の裁断はかなーりすんなり、労力かけなくて済みます。数冊とかなら必要ないかもしれませんが、これからグイグイとやっていこうと決意したのであれば、この覚悟は必須だったかと。一冊一冊カッターでとか、想像するだけで萎えます。


ホーム > 生活 | 買い物 > 自炊準備、裁断機のほうがkindleよりずっと高かった

検索

ページの上部に戻る