ホーム > Web制作 > WordPressでのOPG設定をプラグインの「Open Graph Pro」に変更したらば…

WordPressでのOPG設定をプラグインの「Open Graph Pro」に変更したらば…

仕事関係の技術系のことはこっちにメモっていくのですが、今日はすぐに浮かぶネタがないのでこちらで。

WordPressでプラグインは大変便利ですが、自分としてはあまり入れたくないので(自分で対応、実装できるところはそうしたい)OGP設定についてはプラグインは使わずに対応してました。(一番最初は使ってましたが)

有名どころはWP-OGPでしょうか。でも、よろしくない面もあるとか、扱いにくいとかっていう記事も見かけるし、最近ではOpen Graph Proが人気っぽいですね。

なので、プラグインあんまり使わないとかいいながら試してみました。

が、しかーし!

facebookのDebuggerでエラーが出るようになりました。

Open Graph Warnings That Should Be Fixed
Inferred Property:The ‘og:description’ property should be explicitly provided, even if a value can be inferred from other tags.

どうやらOpen Graph Proではogp:descriptionをページ内で拾って生成してくれないようです。なので「ogp:descriptionがないよ、明示的に提供すべきだよ」と言っているようです。

ということでこれに対応すべく、別のプラグインAll in One SEO Packではページごとに任意のdescriptionをmeta要素に記述できるので、その値を使ってheader要素内にogp:descriptionとして出力してみました。

が、またまたしかーし!!

Open Graph Proではogp:descriptionを出力する場合としない場合があるようで、出力していないのであれば、前述の対応でいいのですが、出力している場合、当然重複してしまうので、これはこれでまたエラーになりました。(if文を追加すればいいのかもしれませんが、なんかそれはそれで気持ち悪いので)

ということで、結局またプラグインを使わないやり方に戻りました(TдT)

Open Graph Pro、ページ内に画像がある場合、適当に拾ってきてくれたりして便利そうなんで残念ですが。いまに今回のような不具合も解消されることを期待して待ちましょう。だがしかし。けっこう人気でブログでもとりあげられてるし、そういった人達は気づいてないのか、それとも自分がたまたまそういう現象が生じてしまう環境なのか。そのへんはしっかり掘ってないんでなんともいえませんが。


ホーム > Web制作 > WordPressでのOPG設定をプラグインの「Open Graph Pro」に変更したらば…

検索

ページの上部に戻る