ホーム > Web制作 | コンピュータ > AndroidでWebViewを使ったときに生じる右10pxの余白

AndroidでWebViewを使ったときに生じる右10pxの余白

Android向けアプリケーションを作る際に利用するWebViewで、右っかわに余計な余白が生じるということを知りました。デフォルトだとそのようです。スクロールバーの分を確保しているらしい。

Android_webview_padding

最初気づかずに、WebView内に読み込んでいる外部ページのほうでcssとかをいじってたんですが、全然変わりません。この余白の部分はWebView側の領域ということがわかってなっとく。この余白を取り払って枠内めいっぱいに表示させる場合は、WebViewを利用するActivityのjavaファイルに

// 右10pxの余白を消す
// WebViewのスクロールバー領域なのでCSSやHTMLでは制御できない
sampleWebView.setVerticalScrollbarOverlay(true);

を追加。

以上です。

他にもデフォルトではJavaScriptが無効だとか、WebViewで読み込んだページ内にあるリンクをタップするとWebView内で遷移するのではなく、デバイスが積んでいる標準ブラウザが起動して表示されてしまうとか、デバイスの戻るボタンをタップすると一つ前の画面を表示ではなくてアプリが終了してしまうとか(WebViewで表示した履歴で戻って表示するのはそれを明示する必要があるそうで)いろいろとおぼえました。

やっぱり理屈で「できる、できるらしい」って知ってるだけより、必要になって実践するときに遭遇する諸々に勝るものはないなぁと実感。


ホーム > Web制作 | コンピュータ > AndroidでWebViewを使ったときに生じる右10pxの余白

検索

ページの上部に戻る