ホーム > コンピュータ > 起動ディスクのないMac OS X Lionを起動&修復できる(かもしれない)「復元」について

起動ディスクのないMac OS X Lionを起動&修復できる(かもしれない)「復元」について

これまで自宅でメインマシンとして趣味、仕事とバリバリに働いてもらっていたiMac(2006年)が、最近あらたに購入した「新メイン」マシンのiMacにばかりかまってまったく使用しないせいか、起動しなくなってしまいました。

人間にたとえるのもあれですが、定年迎えるまでバリバリやってたお父さんが「お父さん、お疲れ様でした、あとはゆっくりしてね」的な労い(というか引退=うちのiMacの場合は)を受けるようになったとたんにガックリ年をとって元気なくなっていくなんて話を彷彿させます。

このiMacはTigerのときに購入して、そのあとLeopard、Snow Leopardときて、そろそろハード的にもへたってきたのかなぁと感じ始めたあたりにLionをインストールしてました。

とりあえずHDから起動できないので(くるくるとローディングアイコンが回り続けるだけで)起動ディスクからと思って起動ディスクを入れたつもりが、これが以前のSnow Leopardのもの。もちろん起動できません。(Lionだから)

じゃ、Lionの起動ディスクからと思ったら、これはApp Storeからのダウンロード販売で、パッケージでは販売していなかったのでディスクがありません。購入後、自分でディスクを作っておけばよかったんですが後の祭りです。

Snow Leopardが入ったMacBook Airにも起動ディスクはついてなかったんですが(代わりのUSBメモリみたいなのは付いてましたが)なんかだんだんとインストール用ディスク(OSの再インストールや、メンテナンスのための起動用ディスク)がついてこない流れになっているんでしょうか。

じゃ、この起動しなくなったiMacはどうすればいいのだろう。まだ救出したいデータもあるのに、まさかかついでGenius Barへ持って行けと?(;゜〇゜)

セーフモードで起動(Shiftキーを押して)とか、いろいろ調べて試したんですがどれもだめ。

そんな中、たまたま見つけたAppleのサポートページに答えが!

OS X Lion:Lion 復元について

そもそもLionには「復元」というのがHDにあるそうで、それが「復元用」の存在、機能を提供してくれるようです。(もちろん、その「復元用HD」からの起動も)起動時にcommandキーとRを一緒に押したままにすると、TimeMachineからの復元、Lionを新規インストール、ディスクユーティリティで問題のあるシステムをチェック&修復とかが選べるユーティリティがこの「復元」には収められているそうです。

OS X Lion は、Lion 復元と呼ばれる新しい機能を備えています。Lion 復元には、Lion の再インストール、ディスクの修復、さらに Time Machine バックアップからの復元に必要となるツールが、すべて含まれています。どの方法でも、光学式ディスクを使う必要はありません。

こうして無事に「復元」HDから起動させることができたのですが、ディスクユーティリティでメンテをしてみても本来起動すべきHDのほうからはやはり起動できず。結局あきらめて外部HDにTimeMachineでバックアップをとっていたものからの復元を果たし、とりあえず肝心のデータは救出できました。

HDからの起動ができなかったらもう外部のディスクから起動しかないと思ってやってきましたが、こうして「問題のあるシステムが入っているHDに、別に復元用の緊急のシステム」が入っているということを知って、これも時代の流れなのか、テクノロジーの進歩はやはりすごいものだなぁとしみじみ思ったラストナイトでありました。


ホーム > コンピュータ > 起動ディスクのないMac OS X Lionを起動&修復できる(かもしれない)「復元」について

検索

ページの上部に戻る