ホーム > Web制作 | 思ったこと > 久々にWeb制作にどっぷり

久々にWeb制作にどっぷり

今日はひさしぶりにどっぷりWeb制作に従事してました。

最近はAndroid向けのアプリをなんとか開発、リリースしたくて、慣れないというか、そもそも理解が非常に低いプログラム言語(Javaとかですね)と格闘していたのですが、本職(いちおうWeb制作のほうが)に立ち返ったということで、なかなか気分よく、楽しく仕事を進めることができました。

といってもほんとにまだプロジェクトの最初のほうの段階なので、デザインやコーディングなんかよりずっと以前の部分(具体的にいうと、今日はサイト構成と各頁のワイヤーフレームというのを作ってました)だったのですが、案外この時期の作業のほうが一番面白かったりもするのかなと。

学生時代に照らすと、例えば文化祭とか体育祭って始まってからより始まるまで、前夜祭くらいまでが最高潮な記憶があります。興奮度とかワクワク感が。

実際はちょっと違うんですが(デザインして、コーディングで四苦八苦している間もとても好きなので)今日のような前段階の作業であれこれ考えて苦悩するのも楽しいし、やり甲斐があるよなぁなんて再確認。

スマートフォン向けアプリケーションもワクワク感はあるんですが、やっぱり違います。そもそも、まだ「これだ!」的な感触を自分で得られた経験(リリース)がないってのもありますが、Webサイトは作って、世に出して(ネット上に送り出して)からが本当のスタートで、そこから育てる必要がありますよね?そこに思いを馳せつつ(そのサイトの未来に)作るのがなんか違うんですね。

スマフォ向けアプリもマーケットに公開してからもグイグイと更新とか「育てる」的なことはあるとは思いますが、基本アプリ内で閉じているというか完成しているという性質だと思うので、そのへんの差でしょうか。

とはいえモノ作りという意味ではどちらも楽しい、やり甲斐のあるものなので、この久々のWeb制作でリフレッシュして、またアプリ開発とも格闘したいと思います。


ホーム > Web制作 | 思ったこと > 久々にWeb制作にどっぷり

検索

ページの上部に戻る